貼るテーブルクロスでDIY~汚れたダイニングテーブルが蘇る!

e7378d4c6009753b8bbd9a1bbff7f91b_s[1]

子どもが小さいと食事や食器などでダイニングテーブルを汚したり、傷を付けたり。

 

小学生にあがり食事であまり汚さなくなっても、ダイニングテーブルで宿題をすると、鉛筆あとがすごく付いてしまったり。

 

食事の支度でダイニングテーブルを拭いても、食事の汚れや鉛筆汚れなどがなかなか取れず…

 

ダイニングテーブルが残念なことになってしまっているご家庭ありませんか?

 

我が家がまさしくその家庭のひとつ。

 

汚れがすさまじく、ダイニングテーブルをそろそろ買い替えるか、テーブルクロスで汚れや傷を隠してしまおうか悩んでいました。

 

そして、テーブルクロスを試してみようといざ購入を検討している最中…まだ2歳児がいる我が家!

 

テーブルクロスを面白がって引っ張り怪我でもするのではないか??と心配になっていると…

 

目に入ってきたのが貼るタイプのテーブルクロス

 

これは我が家に適しているのではないかと思い、購入を決定。到着を心待ちにして…いざ到着!

 

思ったより大きく、一人で貼るのはドキドキでしたが、なんとが1時間弱ほどで完成!出来上がりもまずまず。

 

貼るタイプのテーブルクロスで大正解でした。

 

筆者は今回、初めて貼るタイプのテーブルクロスの存在を知りました。

 

「貼るタイプのテーブなんてあるの?」「どうやって貼るの?簡単なの?」などと疑問に思う方もいるかと思います。

 

そこで今回は、貼るタイプのテーブルクロスについて紹介したいと思います。

 


Sponsored Link
 

貼るタイプのテーブルクロスとは?

 

今回購入した貼るタイプのテーブルクロスは、明和グラビア株式会社のテーブルデコレーションというもの。

 

このテーブルデコレーションの特長は4つ。

 

①ピタッと貼れてキレイにはがせる。 ②テーブルを傷や汚れから守る。

③汚れもサッとひと拭き。      ④カッターやハサミで簡単にカット。

 

4つの特長に加え、日本製というところも安心でき、嬉しい点ですよね。

 

柄やカラー、サイズ展開もいくつかあり、我が家では落ち着いたホワイトウッド柄のアイボリーカラー、90㎝×150㎝をチョイスしました。

 

 

どうやって貼るの??

 

貼り方の手順としては、貼り付けるテーブルや机の汚れを取り除いてから開始します。

 

簡単といえば作業内容は簡単です。保護フィルムを少しずつはがし、貼り合わせていくだけ。

 

しかし!一人でこの作業を進めていくと、やはり時間がかかりました。

 

はがす人・貼る人と2人で貼り進めていく方が断然早く済むことと思います。

 

ですが、手伝ってくれる人がいなくてもこの家庭にある用品を使うことで、私は一人でも時間は少しかかりましたが、空気も入ることなく貼ることができました。

 

その家庭にある用品とは、こちら!

 

DSC_0173

〈セロハンテープ台とヘラ〉

 

dff789edf283bf6d30c44b70b76774dd_s[1]

〈マスキングテープ〉

 

 

一人で作業をする際、セロハンテープ台は重たいので少し押さえてほしい時に、押さえ係として役立ち。

 

ヘラは空気を抜きながら貼ってくれるのに役立ち。

 

テーブルの端は、我が家は折り込んで貼ろうと試みたのですが…

 

端がどうしてもめくれてきたので、マスキングテープで固定。

 

マスキングテープなら、剥がしても跡が残りにくいので、仮止めなどにもお勧めです。

 

以上の3点と作業を進めて約一時間で完成!

 

DSC_0168

貼る前

 

DSC_0174

貼った後

 

貼る前は、真っ白なテーブルが鉛筆の黒い汚れで目立っていますが…

 

貼るテーブルクロスを貼った後は見違えるようになり、同じテーブルとは思わないほどに、甦りました。

 

いかがでしょうか?貼るタイプのテーブルクロス・テーブルデコレーション。

 

テーブルを買い替えたくても、子どもが小さいうちはどうしても汚すのを分かっているから買い替えに悩んでいたり、テーブルクロスは子どもが引っ張って危ないと感じていたり、イメージチェンジを簡単に安く済ませたい方などに、個人的にはお勧めです。

 

ただ、高級家具や塩ビ系塗料、ニス系塗料、ラッカー塗料、海外品や天然塗りものなどには表面の状態が変わる恐れがあるので使用はできません。

 

ご自宅のテーブルを確認してから検討するといいかもしれませんね。

 

この機会に、ご自宅のダイニングテーブルを蘇らせてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。