【イヤイヤ期や怖がって入れられない~子どもの目薬】その時どうする!?

917814[1]

子どもが、アレルギーによる目の症状や細菌性の目の病気などで目薬を処方してもらうことありますよね。

 

目薬を処方してもらったのはいいけれど、目薬をさすことを嫌がったり、怖がったりして…

 

「上手く入らない」「どうしたらスムーズにできるの?」などと、頭を抱えたことはありませんか?

 

筆者もそのうちの一人で、子どもが怖がって暴れたり、うまく入らなかったりで、頭を抱え。職場の先輩方にアドバイスをしてもらい、それからスムーズに!

 

そこで今回は、子どもの目薬の入れ方をいくつか紹介したいと思います。

 


Sponsored Link
 

体を固定して

 

この方法は、多少嫌がっていても、子どもの体を固定してサッと済ますことがベスト。

 

ただし、泣いていては涙で薬が流れ出てしまうので、その際は再チャレンジしましょう。

 

回数を重ねると、初めは嫌がっていた子供も目薬に次第に慣れてきて、体を固定しなくても目薬がさせるようになってくる子どもも多いようです。

 

あまりにも暴れて、体の固定などうまくいかない場合は、もっと目薬に対して恐怖心が湧く可能性があるので、別の方法でチャレンジしてみてほうがいいでしょう。

 

また、目薬の量ですが、1滴で全体に行き渡るので、入れすぎないように注意して行いましょう。

 

体を固定して目薬にチャレンジ!

①大人が足を伸ばした状態で広げて座り、その股の間に、頭が股側にくるよう仰向けに子どもを寝かしましょう。その際、子どもの肩をしっかり足で固定しましょう。

②<目が開けれる場合>

目を大きく開かせて、1滴すばやく入れましょう。目を大きく開かせるポイントとしては、「あー」や「わー」を声を出していると自然に目が大きくひらくので、「アンパンマンのアー」などとお母さんと一緒に声を出し、楽しみながらチャレンジしてみましょう。

②<目が開かられない場合>

怖がって目を開けられない場合は、無理強いはせず、閉じたままチャレンジしてみましょう。閉じた目のまぶたの下をそっと開け、開いたすき間から入れてみましょう。

 

どちらの場合も、目薬を入れる際は急に入れるのではなく、子どもなりの心準備ができるよう「すぐに終わるからね。」などと優しく声を掛けてから行ってあげましょう。

 

寝ている間に

 

次にですが、起きているときにダメなら寝ているときにチャレンジしてみましょう。

 

赤ちゃんやどうしても暴れたり・泣いたりしてどうもこうもいかない場合に、おすすめのさし方。

 

寝ている間に目薬にチャレンジ!

寝入ってすぐは起きてしまう可能性が。熟睡したのを確認して行うことが大事です。また、急に冷たい目薬を入れると、冷たさに反応して目を覚ましてしまうこともあるので、目薬のボトルを手でしばらく握り人肌に温めてから、下まぶたを開けてそっとさしてチャレンジしてみましょう。

 

最後になりますが、目薬をさす時は衛生面にも気を付けることが大事。

 

基本的なことですが、目薬を取り扱う前は手をキレイに洗ってから行いましょう。

 

また、子どもの目からあふれた目薬は病気が家族に感染しないように、手で拭ったりせず、ティッシュペーパーなど使い捨てができる物でふき取りましょう。

 

今回は2パターンを紹介しましたが、いかかでしょうか。

 

イヤイヤ期や怖がって目薬が上手くさせない時などに実践して、悩めるお母さんの解決策になれば幸いです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。