赤ちゃんや子どものやけど…家庭内事故を防ごう!

1010514[1]

寒い冬。暖房器具やお湯をよく使用する季節になりますよね。赤ちゃんや子どもは、目新しい物をを見ると「何だろう?」と興味を持ちます。

 

そして、大人が「これくらい大丈夫だろう。」「うちの子は触らないだろう。」などと思っている物でも、手を伸ばすことは結構あること。

 

それが、熱い暖房器具だったらどうでしょう。思わず触れてしまい、大きなやけどの事故につながることも。

 

そこで今回は、赤ちゃんや子どものやけどの事故を未然に防ぐため、家庭で気を付けるポイントを紹介したいと思います。


Sponsored Link
 

カップ麺やお湯に気を付けよう

 

意外とやけどは、食事の支度途中やお茶の時間にも多いようです。

 

ランチョンマットやテーブルクロスなどに興味を持ち、思わず引っ張ってしまい、熱湯の入ったカップ麺や飲み物をひっくり返し、熱湯がかかってやけどをするケースも。

 

チェックポイント

*カップ麺の容器は簡単に倒れてしまうほど軽く、お湯も高温なので、少しの間だからといって安心せず、子どもの手が絶対届かない所で調理しましょう。

*ランチョンマットやテーブルクロスなどは、子どもが小さいうちは使用しない方が無難でしょう。使用したい場合は、引っ張りにくい・滑りにくい素材を使用したものなどを使い工夫しましょう。

 

暖房器具や家電に気を付けよう

 

高熱をもったストーブやファンヒーター、高温の蒸気が出る炊飯器や電気ポット、加湿器などの家電に興味を持ち、手を出してやけどをするケースも。

 

チェックポイント

*高熱をもった暖房器具は専用の柵やベビーサークルなどで囲い、手が届かないようにしましょう。

*高温の蒸気の出る家電は、大人だけが使用できる安全な場所に置きましょう。コードを引っ張って、上から落ちてくることもあるので、コードも子どもが引っ張れないようにまとめたり、目の届かないようにしましょう。

 

低温やけどに気を付けよう

 

温度も低いし安全そうな電気カーペット、電気あんか、湯たんぽなどが、皮膚の同じ箇所に長時間触れていると、低温やけどを起こすことも。

 

*子どもが寝たら、電気あんか、湯たんぽなどはのけ、電気カーペットは電源をオフにしましょう。

*低温やけどは見た目よりも深いところまで損傷をしていることがあるので、十分注意を。

 

いかがでしょうか。やけどの事故は、周りの大人が十分気を付けることで防げる事故ではないいでしょうか。

 

やけどの事故が起こってしまってからでは遅いので、「これくらい大丈夫だろう。」「うちの子は触らない。」などと思わずに、チェックポイントをおさえて、家庭内で子どもをやけどの事故から守りましょう!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。