ミルトンは哺乳瓶の消毒だけではもったいない!日頃の掃除・感染症予防に使ってみよう!

18074d9c46f6a11ddcb13536ef1a160b_s[1]

赤ちゃんが誕生して、哺乳瓶や食器、オモチャを消毒する際に”ミルトン”などの消毒液を使用したことはありませんか?

 

このミルトン、ある程度年齢が大きくなると消毒も必要なくなってきて、残ってそのまま保管してしているという家庭…ありませんか??

 

うちがこれに当てはまり、ミルトンが半分ほど残り、棚にしまい込んでいました。

 

そんなある日、ママ友から「うちは余ったミルトン、掃除に使ってるよ~」と聞き、そんな使い方があったのか!と情報収集。

 

詳しく調べて、我が家でも残ったミルトンを拭き掃除などで活用し、残ったミルトンを無駄なく使いきることに成功。

 

我が家のように、ミルトンの残りが眠っている家庭があるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ミルトンでお家の消毒・感染症予防に活用できることについて紹介したいと思います。

 


Sponsored Link
 

ミルトンで消毒・感染症予防をしよう!

 

感染症の主な原因となるのウイルスですよね。

 

このウイルス、アルコール消毒では除菌できないものも。

 

そのようなウイルスには、次亜塩素酸ナトリウムの消毒が有効なんだそう。

 

ミルトンは、この次亜塩素酸ナトリウムが主な成分となっているので、除菌・感染症予防にもってこいのものなのです。

 

手が直接触れる場所や物の消毒に

 

これから寒い冬がやってきますね。

 

冬といえば、空気が乾燥しやすく、様々な感染症が流行する季節。

 

日頃だけでなく、特に感染者が家庭内で出た際は、手が直接触れる場所や物も消毒し、衛生面に気を付けたいですよね。

 

家で直接手が触れる場所といえば、ドアノブ・トイレのフタや便座・手すり・椅子など…

 

そのような場所や物には、490ml(水)+10ml(ミルトン)を混ぜた消毒液を使い、拭き掃除をして家庭内感染を予防しましょう。

 

約10分後に水拭きを済ませると独特の臭いも気になりません。

 

嘔吐後の消毒や処理にも

 

突然子供が嘔吐をすることもありますよね。

 

その際の、嘔吐物の処理や床の消毒にも使えます。

 

床などに嘔吐してしまった際、まずは嘔吐物にキッチンペーパーなどを覆い、飛び散らないように優しく汚物を拭き取りましょう。

 

汚物を取り除いた床を、450ml(水)+50ml(ミルトン)を混ぜた消毒液で消毒・除菌。その後、水拭きをして処理が完了。

 

拭き取りや床を拭いたキッチンペーパーなどは感染を防ぐため、ナイロン袋に入れしっかり口を閉じて破棄を。

 

処理をする際、慌てて忘れそうですが、手袋・マスク・エプロンなどを付けて感染を防ぎましょう。

 

また、ミルトンの効能・効果には「手指、皮膚の消毒、殺菌」ともあります。

 

手指の消毒には、200ml(水)+10ml(ミルトン)を混ぜて約20倍に薄めた消毒液で。

 

嘔吐物の処理の後などは、手指を消毒しておくと、料理や子どものお世話をするお母さんは安心できますね。。

 

ですが、手荒れなどを起こす恐れもあるので、消毒する際は十分注意を。

 

その他にもミルトンを使用する際、使用上十分気を付けておかないといけないこともあります。

 

使用上の注意などは、ミルトンの容器の裏にも記載されているので確認しておきましょう。

 

注意点の一つとして、使用できる素材、使用に適さないものがあります。

 

掃除や消毒に使用する際には、使用して大丈夫な素材なのか確認しておきましょう。

 

<使用できる素材>

・陶器・ガラス・プラチック製品(ポリカーボネート、ポリプロピレン、ポリエチレン、アクリル樹脂、ABS樹脂など)・ゴム(天然ゴムは劣化が早まる可能性があるよう)

<使用に適さないもの>

・ステンレスを含む金属製品・一部プラスチック製品(メラミン樹脂、フェノール樹脂、ポリウレタンなど)

 

いかがですが?ミルトンは哺乳瓶の消毒だけではもったいないですよね。

 

これから感染症が流行る時期になるので、日頃のお掃除・感染症予防に活用してみてはいかかでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。