お中元やお歳暮の時期や贈るポイント!お返しやお礼状は必要??

5feff7d65f9fac077951cc4583bfc2fd_s[1]

家庭を持ったり、ある程度年齢がいくと交流関係が増えて、お中元やお歳暮を贈ったり、頂いたりする機会が増えますよね。

 

今年から贈ろうと思い立ち、ふと考えると…

 

「そういえばいつ贈ればいいの?なにを贈ればいいの?!」と疑問に思ったことありませんか?

 

そこで今回は、お中元やお歳暮を贈る時期、礼状や贈答する際のポイントについて紹介したいと思います。

 


Sponsored Link
 

お中元やお歳暮の贈る時期は?

 

お中元の精神は、日頃お世話になっている方々に真心のこもった贈り物をし、感謝の心を表わすものとされています。

 

お中元の贈答は、早すぎても遅すぎても失礼に。

 

おおむね、7月初めから15日までに贈るのが一般的

 

ですが、関西から西の地方などは月遅れで年中行事をすることが多いので、遅くても8月中旬のお盆前に贈ります。

 

お店から直送したり、郵送する際は、配達の混雑などを見込んで手配しておくと安心できるでしょう。

 

お歳暮の精神は、日頃お世話になっている方々に今年一年のお礼として贈るものとされています。

 

お歳暮の時期は、おおむね12月10日から20日の間に贈るのが一般的

 

贈る時期が遅れた時は、年内にギリギリにお正月の生鮮食品や花などを贈ってもいいでしょう。

 

また、お中元やお歳暮は、本来贈る側が持参して渡すのが礼儀。

 

しかし、一般的に予告なしに訪れることは失礼なことですが、お中元やお歳暮を持って伺う際は、前もって予告しておくと相手側にかえって心遣いをさせてしまうので、アポなしで伺ってもOK。

 

ですが、休みの日や朝早い時間帯は避けましょう。

 

お中元やお歳暮の贈るポイントは?

 

贈り物に一番大切なポイントは、相手にぴったりの物を贈ることですが、それはとても難しいですよね。

 

なので、相手の年齢や家族構成、生活環境など日頃の会話や交際の中でよく知っておくことが大事!これが、一番大切なポイントといえるでしょう。

 

また、故郷があれば故郷の名物の品物を贈るのも喜ばれるのではないでしょうか。

 

仕事関係でのお中元やお歳暮のポイントは、職場の周りの人と歩調を合わせること

 

職場によってお中元やお歳暮の風習はいろいろあるので、時期になったら周囲にさりげなく聞いてみるのもいいでしょう。

 

お返しやお礼状は必要?

 

お中元やお歳暮は、お世話になった人が感謝の気持ちのしるしに贈るものなので、お返しをする必要はないでしょう。

 

贈り物をもらって、どうしても気になる場合は、旅行に行ったり故郷に帰省した際のお土産を渡したり、ホームパーティに招くなどをしてお礼をするのもいいでしょう。

 

お返しをする必要はありませんが、お礼状はだけはすぐに送るのが礼儀。

 

感謝の気持ちを込めて、お礼状を出しましょう。

 

いかがですか?お中元やお歳暮の時期やポイントをチェックできましたか?

 

今年は日頃お世話になっている方々に真心のこもった贈り物をし、感謝の気持ちを表してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。