トイレ掃除を楽に!男の子のママの悩み~トイレの嫌な臭いや汚れを防ぐ対策法~

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s[1]

男の子も3~4歳を過ぎると、幼稚園や保育園などで洋式便器が少ないため、今まで座ってしていた排尿を、立ってするようになり始めますよね。

 

立ってしてくれるようになると、外出先でサッとトイレを済ませることができるので、助かる面もありますが…

 

家庭では飛び散った尿の嫌な臭いや汚れがつき、トイレ掃除をしてもなかなか臭いや汚れがとれないことありませんか?

 

そこで今回は、男の子を持つお母さんの悩みのひとつでもある、トイレの嫌な臭いや汚れを防ぐ対策法を紹介したいと思います。

 


Sponsored Link
 

トイレの嫌な臭いや汚れを防ぐ対策法

 

 

①おしっこを便器の中心に当てれるようにしよう!

便器の縁に近いところで排尿すると、打点が高いためか、跳ねかえりの尿が外へ飛び散ってしまようです。

 

また、飛び散った尿はいろいろな場所に付くようで、かなり広範囲掃除しないと臭いがなかなか取れません。

 

そこで、男の子が立ってし始めたら、おしっこを便器の中心に当てれるように練習するのもひとつの手になると思い、実践!

 

ただ、言葉で狙う場所を伝えても上手くいかなかった我が子。

 

そんな時、思い付きで実践した練習法を紹介します。

 

◎練習法~ゲーム感覚で的あて◎

⑴トイレットペーパーに子供の好きなキャラクターを描く。

⑵キャラクターを描いたトイレットペーパーを狙ってほしい場所(便器の中心辺り)に置く。

⑶「〇〇(キャラクター)をおしっこで狙ってみよう!」とゲーム感覚で楽しむ。

 

この練習法を何度が繰り返すうちに、自然と的が無くても狙いのコントロールが上達するようで、飛び散りの尿の量が随分減った気がします。

 

 

②トイレ(便器)すきまテープを使用してみよう!

狙いをコントロールできるようになっても、時には失敗して外にジャーっとしてしまうことも。

 

そのような失敗の際、壁や床の尿は拭き取りやすいのですが、便器と床のすきまに流れ入ってしまった尿はなかなか綺麗に拭き取れず、拭いても拭いても尿が付いたり、臭いが残ることありますよね。

 

その対策法としては、”トイレすきまテープ”を使用しておくのがお勧め。

 

24

 

25

<使用例>

 

このトイレすき間テープとは、便器と床のすき間の汚れや臭いを防ぐ効果が。

 

裏面は吸着なので、ピタッとすきまなく貼れ、着脱も楽々。

 

万が一、おしっこを失敗して外に出てしまっても、このすきまテープが尿を吸収してくれるので、すきまテープを洗って、周りを拭くだけで掃除も済みます。

 

また、このトイレすきまテープは洗濯機でジャブジャブ洗えるのところも嬉しいです。

 

我が家では、現在無地を使用していますが、かわいい絵柄もあり、トイレも華やかに模様替えできそうですね。

 

 

 

③便座取っ手を使ってみよう!

便座周り、特に便座裏は気を付けても多少は尿は飛び散りますよね。

 

また、子どもは何も気にせず便座裏をベタベタ触りながら、便座をあげませんか?

 

そんな汚れている可能性が高い便座裏をベタベタ触るのが、私はとても嫌でした。

 

しかし、一日に何度もトイレ掃除をするのも面倒だし、子どもに「便座を上げるときは、隅を持ってね!」と伝えても忘れているので、どうしたら便座裏をベタベタ触らずに済むか、何かいい方法はないかなぁ…

 

と思っている際に、ホームセンターで見つけたのが”便座取っ手”

 

 

 

この便座取っ手の、取り付け方は至って簡単!

 

便座の裏に、シールを剥がした便座取っ手をペタッと貼り付けるだけでOK。

 

この取っ手のおかげで、ベタベタ便座を触りながら便座を持ち上げることがなくなったので、衛生面で安心することができ、デザインもオシャレで気に入ってます。

 

我が家のトイレの嫌な臭いや汚れを防ぐ対策法は以上の3点ですが、いかがですか?

 

我が家では、以上の3点対策で随分トイレ掃除が楽になったので、参考になれば嬉しいです。

 

今後のトイレの掃除の後に、トイレすき間テープや便座取っ手を使用して、嫌な臭いや汚れを防ぐ対策をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。