誰でも簡単!2歳前後が楽しめる手作りおもちゃ♪~パクパク人形・食育遊び~

7ec34d0f3e505230eb44007738f9daea_s[1]

2歳前後になると、男の子でも女の子でも、おままごとが好きでよく遊んでいませんか?

 

野菜や果物を切って遊んだり、フライパンやお鍋に入れて炒めたり、お母さんの料理のマネを夢中になって楽しむ時期ってありますよね。

 

そんな時、作った物をお母さんや人形に食べさせてくれることありませんか?

 

我が子もおままごとが好きな時期は、私の口におままごとのプラスチック製の食材を「食べて!」と押し込んでいました。

 

そんな時に、自分の代わりに食べてくれ人形は作れないかな~あると助かるな~・・・

 

と思いつきで作ってみたのが、名付けて「ぱくぱくアンパンマン」。

 

子どもがこの時期好きであったキャラクターで作ってみました。

 

遊び方としては、おままごとで切ったり、作ったりした食べ物をアンパンマンの大きく開いた口に食べさせてあげるというおままごとを発展させた遊び。

44

<遊んでる姿>

 

遊びの中で「どうぞ」「召し上がれ」などの簡単なやりとりを大好きなキャラクターで覚え・楽しんでいます。

 

また、「アンパンマン〇〇食べてるね!○○君も食べれるかな?」など食べ物に興味を持てるような働きかけもできて、我が家では食育にもつながっています。

 

今回は、このパクパク人形の作り方を紹介したいと思います。

 


Sponsored Link
 

大好きなキャラクターや動物で作ろう!~パクパク人形~

 

<材料>・ダンボール・画用紙・のり・ガムテープ・ハサミ・カッター

<作り方>

①ダンボールを三角形や四角形にし、しっかり立つようにガムテープで固定する(今回は三角形…横25センチ、高さ30センチほどで製作)。

6

<上から見た図>

 

 

②一面の全面に好きな色の画用紙を貼る。

1

 

 

③好きなキャラクターや動物などを一面に合わせて画用紙で製作し、のりで貼りつける。その際、口は後にカットするので作らなくてOK。製作&貼るのが面倒な場合は直接描くといいでしょう。

22

 

 

④家庭にある、ままごとの食べ物が入る大きさを考えて、口の部分をカッターやハサミで切り取る。

33

<出来上がり>

 

 

*ままごとの食べ物を口に入れた際、まとまるようにビニール袋を口下にセットしておくのもいいですよ*

5

 

いかがですか?

 

手作りのパクパク人形、ダンボールや画用紙があればすぐにでも作れちゃいそうですよね。

 

今回は顔のみで作りましたが、お母さんの工夫で体をつけたり、一面のみでなく二面・三面にも好きなキャラクターや動物を作ってもさらに可愛く・楽しくなると思います。

 

これから寒くなり外遊びも出来にくい季節になるので、愛情たっぷりの手づくりおもちゃを作ってみて、室内遊びを楽しんでみてはいかかでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。